2009年02月27日

レーシック(レーザー視力矯正治療)失敗、手術を受けた患者67人が感染症に

銀座眼科という病院で、レーシック手術に失敗して
最悪失明の恐れもあるんだとか。
レーシック手術の際は、必ず情報収集をしてからにしましょう。
失敗は怖いです!!


【2月26日 AFP】東京都中央区の「銀座眼科」でレーザー照射による視力矯正手術「レーシック手術」を受けた患者67人が、感染症にかかっていたことが25日明らかとなり、中央区保健所は当面の診療を禁止した。

 NHKの報道によると、溝口朝雄(Tomoo Mizoguchi)院長は記者会見で「自分が器具の点検、整備などをきちんとしていなかったのは事実」と述べ、集団感染について謝罪した。

 区保健所によると、昨年末から患者67人が手術後に角膜炎などの感染症にかかり、2人が入院中。銀座眼科では数百人が同手術を受けており、被害者数はさらに増える可能性があると指摘している。

 レーシック手術は日本で急速に人気が高まっており、前年だけで推定約45万人が手術を受けたとみられる。(c)AFP
posted by レーシック手術はまだするな! at 01:52| レーシック失敗しないために | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。